あじさい刺しの刺し順をたしかめてみました

あじさい刺し素敵ですよね。くぐらせシリーズの中でも複雑なくぐらせ方が特徴だと思います。
かなり昔に挑戦したんですが、その時は挫折しておりました。
ホビーラホビーレさんのサイトで見本をにらみながら「裏はどうなってるんだ!」と何度叫んだことか。

ホビーラホビーレ 刺し子 あじさい刺し

今回リベンジしたわけですが、結局ホビーラホビーレさんのお見本は解明できておりません。
instagramや先輩がたの作品を参考に、こういうこと?という刺し順を発見しました。

まずは縦と横を普通に刺します。
今回は布と布の間を通さず、全部裏側に出す方法です。

探り探りくぐらせ始めてみました。
糸は縦横がホビーラホビーレさんの薄青とカラシ色、くぐらせるところは染織アトリエkazuさんの糸を二種類です。
刺し子の花ふきんホビーラホビーレあじさい紫陽花
ではさっそくくぐらせます。
まずは耳の間から糸を差し込み、右下から左上へ小さい十字をななめにくぐらせます。そして大きい十字の右端にくぐらせます。
今度は小さい十字の左下から右上へななめにくぐらせます。そして右隣の大きな十字の左端にくぐらせます。
写真では針の先からくぐらせていますが、お尻からくぐらせると引っかからずできると後で理解しました。
最初と同じルートで小さい十字→大きい十字の右端とくぐらせます。
刺し子針だとくぐらせる時に糸を割ってしまったり、生地に引っかかることも。
そんな時は針のお尻からくぐらせると楽でした。
色々と試してみましたが、生地を縫う時は刺し子針で、くぐらせる時はこぎん用の先が丸い針を使うのが自分では一番早かったです。
端っこまでいったら、折り返して元の場所にもどってきます。
ここで最初の端っこと最後の端っこを結んで一行おわり。
数行くぐらせるとこんな風になります。
端っこのくぐらせ方も迷いましたが、今回はこんな風に小さい十字の端っこ→大きい十字の端っこの順にくぐらせました。 模様も違和感なくつながってるかと思います。
全体がこんな感じになりました。
やっぱりホビーラホビーレさんの見本とはちょっと違う…。むむ。
裏です。
しまった。カラシ色を使ったために糸が見づらいですね。
今回は布と布の間を通さずに全部外に出す方法でしたが、引っかかりが心配になるほどでもなく、シンプルで可愛い模様でした。
長くなってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございます。
出来上がったあじさい刺しはやっぱり可愛い!
いろんな糸の組み合わせを試したくなる図案ですね。

2 件のコメント

  • It’s beautiful! Your photographs make the process clear. It looks like it will take some time, but the result is worth it. Thank you for sharing! 🙂

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です